今回のテーマは ≪古河市で暮らす魅力≫

Aさんが語る魅力とは?

Aさんは、古河市に40年以上前からある、小さいころからみんなが親しんできたお菓子の会社のヤマザキビスケット株式会社に入社し18年間、経理の仕事をしながら地域の小学生の工場見学の対応も担っています。

現在は職場から20分ぐらいの所に家を建て家族4人で生活しており、会社や自宅、小学校や幼稚園がそれぞれすぐに行き来できるエリアにあることが働くにあたって安心につながっています。職場には同じ子育て中のママや先輩の方々も沢山おられるので、子供が体調不良の場合にはお互いが助けあえるのでとても有難く心強いです。

また、家族向けの工場見学や納涼会などがありそれのおかげで家族ぐるみの付き合いを深めるきっかけになっています。

仕事と生活の場が同じエリアにあるということはとても安心です。休日は、自宅から近い『古河総合公園』に家族や愛犬の散歩もかねて遊びに行くことも多く、子供たちはフィールドアスレチックが大好きです。

古河市で住んで働いていると、子供との生活のしやすさや、買い物する場所や病院も充実しておりなおかつ自然もすぐそばにあり全てがそろっているので本当にありがたいです。

Aさんの意見を聞いて思ったこと。

フルタイムや派遣、パートタイマーでママが働くには、やはり働きやすい環境が大切だと思う。古河市はママが仕事と育児を両立しやすいように子供を預けれる場、交流できる場、相談窓口やさまざまな助成制度があり子育てしやすい環境なので結果ママたちが沢山古河市の職場に集まりその結果、子供の体調不良などのイレギュラーにも対応でき働きやすい環境になって相乗効果を生んでいると思う。

このような取り組みは地域が反映していくうえでとても大切な事である。