今回のテーマは≪子供の主体性と好奇心を育む授業≫

古河市内全小学校にICT機器導入

現役の先生からお話しを伺いました。古河市では平成27年の9月から市内の全小学校にICT機器が導入されて授業でタブレット端末を活用が始まりました。
授業では、先生の問題に対して生徒が考えた答えをタブレットに入力し送信することでスクリーンに反映されて生徒全員がクラスメイトの答えを見ることができます。

このシステムのおかげで今まで手をあげれなかった生徒や、発言することが苦手だった生徒も自分の意見を主張する機会が増え、友達の意見を積極的に知ることで異なる考え方が交わって生徒同士が質問しあったりと生徒主体で授業が進むようになり、まだ始まったばかりで手探り状態ではありますが、確実に手ごたえを感じているようです。

また、先生側にとってもタブレットを導入することによって、ノートよりもタブレットを利用することでより多くの答えに目を通すことができ、その結果、生徒一人一人の学習状況を把握しやすくなった為、一人一人の理解度に寄り添った指導ができるようになったそうです。

現役の先生の意見を聞いて思ったこと。

古河市の小学校でタブレットを導入することでタブレットに入力して授業を進めていくことが出来、生徒同士がクラスメイトの答えを知ることができその結果「そうやって考えればよいのか!」と違った発見やヒントをもらうことが出来、生徒たちのやる気にもつながりそうですね。